真っ白な名刺の裏には何を書く?(ニッポン放送煙山アナウンサーの場合)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
昨日、ニッポン放送の夕方の番組にちょっと出演させていただいたのですが、煙山アナウンサーがめっちゃいいことおっしゃったので、早速シェアさせていただきます。

>>煙山(けむやま)光紀アナウンサー

それは、
「名刺の裏が真っ白という人もまだまだ多いと思いますが、何を書いたら効果的ですか?」
みたいな質問の時。

キャッチフレーズなど入れてみてはどうでしょう?仕事に対するこだわりなどを載せることで、自分のプロフェッショナル度が伝わると思いますよ。また、先ほど新保アナウンサーがフルートがご趣味だというお話でしたが、裏全面にその演奏シーンの写真を載っけるとか。表がオンだとしたら裏は思いっきりオフにして、こんな一面もあるんですよーというのを知っていただけますね。

という感じでお答えしたのですが、煙山さんのコメントがこれまたふるっているわけです。やはりアナウンサーみたいなお仕事されてる方は、「持って」ますね。

「あ、あの例えばですけど、よく名刺の裏に、もらった人の顔の特徴なんかを書き込めなんて言いますよね。私は白髪にメガネという出で立ちなんですけども、それを最初から名刺の裏とか余白に書いちゃうってどうですか?『白髪にメガネ』って。

す、すごいですね。
煙山さんに名刺もらった人が、裏向けて書こうとしたら、もうすでに書いてある!
「してやられた~!」って感じですよね。ユーモアいっぱいの人柄がばっちり伝わります。

これ、台本には書いてないですよ。
いやいや、名刺アドバイザー、まいりました。m(_ _)m

JUGEMテーマ:名刺のノウハウ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。