山櫻さんの定番名刺用紙「プリンス」を水没実験してみた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

前回は、ラミネートコーティング仕様名刺の水没実験をしました。
表面はバッチリ撥水してくれるので最高ですが、浸かってしまうと横から水が入ってきて、ラミネート部分がスルッと剥離してしまうことがわかりました。

でもって、今回は完全な紙の名刺です。

使うのは、みなさんおなじみ名刺の老舗、山櫻さんのド定番名刺用紙「プリンス」です。
これを水没させてみたらどうなるか?

早速実験開始です。

はい。
いつものようにコップに水を入れて、名刺を浸して帰ります。

次の朝、どうなっているか?ということですね。

(14時間後)

おっと!
驚くほどそのままですね。

少々沈み込んではおりますが、原型を留めております。見事!

これは高級なレーザープリンタにて自社内で印刷しておりますが、印刷のにじみなども当然なしと。

ちょっと触ってみましょう。

あ、さすがに水を含んでいますので、破れやすくはなっていますね。
少し力を入れたら、フワフワっと割けました。
オーマイガー!

しかし!!!

そのまま乾かすと、、、

(半日後)

なんと、元の名刺に戻っていました。(さすがに破れたのは戻りませんが)

強度もそのまま、ほとんどシワもありません。
これはすごいです。

やはり、業界スタンダードは伊達じゃない。
試行錯誤してたどり着いた、「名刺専用紙」の実力を、思い知らされた気がしました。
(山櫻さん、勝手に実験台にしてゴメンナサイ!)
 

JUGEMテーマ:名刺のノウハウ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。