物を売るバカの名刺には、何が書いてあるのか?スペックを書くな、ストーリーを書こう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ストーリーブランディングという言葉をご存知でしょうか?

文字通り、ストーリーを語ることによって、親近感を覚えてもらったり、共感して味方になってもらったり、励まそうと応援団になってくれたり、という現象が起きることです。そしていつの間にか小さくてもキラリと光るお店や会社のブランドができていると。

大きな会社は、お金をドンと使ってかっこいいイメージ作りなどをテレビCMでやればいいわけですが、小さな会社はそんなことできませんので、例えばこういう方法で地道にファンを増やしていくということです。

このストーリーブランディングの第一人者といえば、川上徹也さんなわけですが、このたび渾身の新刊が出まして、それがまたストーリーブランディングの、いや川上さんの集大成的な内容になっているわけですよ!
新書で安いし、ストーリーブランディングを初めて学ぶ方にはちょうどいい一冊です。

要は、物でなく物語を売れ!というわけですが、実は名刺作りのセオリーも驚くほど同じなのです。

例えば、名刺の裏を有効活用しようとして、会社の主力商品の写真と説明文などを書いておられる方をたまにお見受けしますが、ここにスペックを書いてもあまり意味はありませんよね。そういう名刺もらっても、そこはよほど業界人でない限り興味がないし、見ません。

では、なんだったら興味を持ってもらえるか?ですが、

・なぜこの商品を作ったか?
・なぜこの商品を売っているのか?
・この商品についてこだわっていることは?
・この商品を作る上での失敗談
などのストーリー
ではないでしょうか?

もしくは、商品を売る前に自分を売れということで、
・共感、信頼を得るためのプロフィール

ですね。これも箇条書きで過去の栄光などをズラズラと書くのではなく、なるたけストーリーを意識して書くことです。なぜなら、世界中に昔話があって、それが今まで伝わっていることからもわかるように、人類は物語が大好き!というDNAを共通して持っているから。お話なら、つい読んでしまうのです。

いつも名刺の作り方セミナーでこんなことをお話しているのですが、はじめは「自分はおもしろいストーリーなんて書けないよ」と言っていた方でも、「この商品のどこにこだわっている?」「なぜそこにこだわってる?」「こだわってどうなった?」「その結果お客さんになんて言われた?」などとクエスチョンを重ねていくと、たいていはぐっとくるエピソードをお持ちだったりします。

ということで、人様に語れるような自分、自社のストーリーを探したい方は、入門編としてまずこの本をお読みになってはいかがでしょうか?多くの事例の中に、必ずヒントが見つかるはずです。
 

物を売るバカ売れない時代の新しい商品の売り方 (ワンテーマ21)

川上 徹也 KADOKAWA/角川書店 2014-05-09
売り上げランキング : 5885

by ヨメレバ

JUGEMテーマ:名刺のノウハウ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。