箱屋さんのフェイクの立体名刺が楽しい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
販促ノベルティの展示会で伺ったブースで、こんな名刺をいただきました。

箱メーカーさんの名刺です。
箱の形になっており、開けられるようになっています。

が、お分かりのように立体ではなく二次元、平面です。

でも、ちょっとおもしろいのが、開いた状態でも「本物の箱を開けた時の形状になっている」ことです。

微妙に文字が斜めになっていたり、芸が細かいですねー。

>>有限会社加藤紙器製作所

これで思い出したのが、この文具。

サンスター文具さんのメモ帳。「FAKUS(フェイクス)」と言います。

これもパッと見は立体ですが、実際は平面での表現。まさに「フェイク」なのです。

表紙を開いてもこんな風になっております。

ふざけてますねー。(笑)

でも、これも元をたどればこのバッグに行き着くような気がします。台湾のメーカーが作った平面立体バッグです。

Jump from Paper(ジャンプフロムペーパー)
 

by カエレバ

 

by カエレバ

JUGEMテーマ:名刺のノウハウ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。