最新の設備が揃った歯医者さんの名刺が和紙だったら、、、ギャップが人柄を際立たせる事例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

以前からの知人、歯科医の岡田さんが、4月に埼玉県の小川町で開業をされまして。

 

小川町といえば、知る人ぞ知る和紙の名産地。

 

「和紙で名刺とか作りたいなぁ、、、」なんておっしゃっていたのですが、送られてきた名刺がこちら。

 

 

予告通り和紙!

しかも白でなく、かなりクラフトチックないい感じのムラムラの紙です。

 

めっちゃ雰囲気いいですね。

のんびりしたカバのロゴマークともすごくマッチしています。

 

おかだ歯科さん、開業したばかりですから、建物もピカピカ、設備も最新のものがビシっと揃っているはずです。

 

な・の・に

 

ロゴや名刺は素朴ですごくあったかい感じ。この「なのに」のギャップがいいですね。

おだやかで優しい岡田さんの人柄がくっきりと際立ちます。

 

例えばお医者さんやエンジニアさんなど、真面目そうな理系の職業の方が、すべてクールかといったらそうではありません。

でも、職業柄勝手にそう思われて、歯がゆい思いをしている方は多いのではないか?

 

職業のイメージに囚われて、本人のキャラと全然違う名刺を作ってしまうのは、本当にもったいないです。

正しく自分を伝えるためにも、名刺の雰囲気や素材も工夫できるといいですね。

 

歯医者さんは、どうしてもお子さんを意識せざるを得ないので、かわいいロゴマークや内装の医院さんは増えていますが、この名刺のほんわかさはかなりのものです。(・∀・)

 

 

岡田さん、逆にショップカードは普通の紙です。

これは保存版ですから、ある程度の耐久性が求められるので、かっちりしたカード用の紙がいいんですねー。

 

 

裏側の地図、連絡先情報もわかりやすいです。

 

 

名刺の縁は、いわゆる「耳」つきのものですね。まっすぐでなく、てちぎりでボソボソ感を楽しみます。

いいなーいいなー。(・∀・)

 

>>埼玉県は小川町のおかだ歯科・矯正歯科

 

JUGEMテーマ:名刺のノウハウ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。