口コミで優位に立つ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

店側の情報でなく、第三者が放つ「クチコミ」というメディアは、うまく使うとすばらしい結果が出ますよね。
そんなアイデアをぼちぼち。

▼仕入担当者のココロをくすぐる

以前うかがった、八王子の牧場の磯沼さんが、おもしろいことを言っておられました。
彼は最近、東京都内の同業者とグループを組んで、「東京牛乳」というブランドミルクを作り、主に都内のスーパーなどに卸しています。

美味しいのに、値段はあの有名な「おいしい牛乳」より少し安かったりします。
消費者にとっては間違いなく魅力的な商品なのですが、大手と比べると販売力の差は歴然です。
なかなか一件ずつ回って、営業活動も出来ません。

そこでクチコミ!

「高木さん、もしお近くのスーパーでこの牛乳買いたかったら、売場の方に聞いてみてください。『東京牛乳ないんですか?』ってね。」

これは効くだろうなぁ。
スーパーの仕入の担当者さんって、売れ筋商品、お客様のニーズに関しての情報に飢えていると思うんです。だから、お客様から直接「○○美味しいんだけど、ないの?」って言われたら、思わず上司に報告してしまうんじゃないでしょうか?

それを、一人ではなく、同じ店で集中的に、数人で聞く!

一週間に、2~3人に「ないの?」って聞かれたら、絶対に気になります。少々強引ですが、商品に自信があるならば、こんな方法も有効ですね。
おまけに、いつもは偉そうな仕入担当者さんが、「仕入させて下さい。」って下から言ってきますよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。