高い商品を販売する仕事に向いている、15万円の名刺。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

▼プロの仕事

わたくしの知り合いの、中野さんが作る名刺は、そこらの名刺とはわけが違います。なんと、

お一人様料金:15万円也。(印刷費別)

・・・一見、とんでもない値段ですので驚きますが、話を聞くうちに、そして作品を見せていただくうちに、見る人の顔つきが変わってきます。

「なるほど。これなら15万でも高くないかも。。。」

彼の作る名刺は、観音開きの裏表8ページという構成になっています。
そこに、その人の「浪花節を詰め込む!」

要は、その人の物語をこれでもかというほど書き込むんですね。
といっても、この世の中、人様に語れるような人生送っていませんよぉ~という人がほとんどだと思いますので、独自のストーリーを引き出すインタビュー力がポイントになってきます。

これがすごいんですよね。

そして、デザイナーでもある彼は、お客様の写真も撮り、キャッチコピーも考え、名刺のレイアウトを進めていきます。

そしてメインの「浪花節」原稿が上がれば、出来上がりというわけですが、見せていただいたどの名刺も、商品云々の前に、思わずその人のファンになってしまいそうな、それは見事なつかみツールになっていました。

それでも正直、15万円という料金を払って費用対効果を感じやすい業界は、限られてきます。
例えば、販売価格が高いもの。
家とか、車とかですね。
これなら1件売れば名刺分ペイ出来ると計算がすぐに出来ますので、依頼しやすいですね。

しかも、家なんて本当に一生の買い物ですから、信頼の置ける人からしか、買いたくないわけです。
そこでこの浪花節の名刺を渡して、がっつりファンになってもらう。

いい流れですよねー。

中野さん、このサービス、特にウェブページを立ち上げているわけでもなく、クチコミだけで受注しているそうです。

ご興味ある方は、メールしてみてください。
(中野さんのメルマガはこちら

2008/03/31追加情報
中野さんの言霊名刺セミナーが開催されるようです。
安いから行ったほうがいいです。チェキラ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。