あの有名女性社長は名刺を「成功への飛び道具」と言った。。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ビジネス書を読んでいると、名刺について書かれている場面にしばしば出くわします。
著名な経営者や成功者と呼ばれるその著者の、名刺に対する思いをちょっと覗いてみましょう。

▼臼井由妃氏の場合(マネーの虎に出演の銀座の女性社長)

「営業は名刺で仕事をするといっても過言ではありません。
だからこそ名刺の質と使い方にはこだわりたいですね。

ビジネスの種類によっては、「知的」イメージに訴えたほうが仕事につながったり、逆に感覚的に訴えることで差別化できたり、名刺のデザイン、色、紙の材質などで充分あなたを売り込むことが出来るはず。

私の名刺は、カラーの顔写真入り。
名刺は初対面で一気に相手より優位に立って、ビジネスを成功へ導く「飛び道具」だということをもっと認識しましょう。
作り方次第で、あなたの運命を決めるもの。私はそう信じています・・・」

アマゾンより

銀座の女社長が教えるハッタリ!営業術』より

やはり、したたかにTPOに応じて名刺を使い分けているようですねー。
仕事とプライベートで名刺を分けている人は最近多いですが、彼女の場合は仕事の中で渡す相手によって、「知的編」「感覚編」あとは何でしょう?
「元気編」とかあるんでしょうか?

確かに、これはわたくしも本能的にやってますね。
基本的には、仕事でも写真入のフランクな名刺なんですが、銀行さんとか、官公庁などでは、なかなか場の雰囲気的に出し辛いことがあります。

そんなときは素っ気のない普通の名刺に、筆彦スタンプを裏に捺すくらいのものをお渡ししたりしてます。

このへんのさじ加減が、難しくもあり、楽しくもあり、という感じですね。
名刺をもっと楽しみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。